naraphoto files ~近所写真~

カテゴリ:未分類( 20 )

唐辛子

f0140130_8342792.jpg
今井町にて
[PR]
by 44nara | 2009-11-11 08:34

争う

牡鹿同士が争っていた。
何があったのか理由は知らない。
察するところ雌をめぐってか、それとも鹿せんべいの取り合いか。
いや、もしかすると観光客へのパフォーマンスかもしれない。。。
f0140130_22102078.jpg

[PR]
by 44nara | 2009-10-21 22:10

検査最終日

今日、大腸カメラの検査を受けた。
先日来立て続けに検査を受けているが、今日がその最終日である。

大腸カメラ。
昔から胃の弱い私は胃カメラを何度も経験してきた。
しかし今回の大腸カメラは初めてだ。

大腸カメラ。
ちょっと舐めてました。
尋常ではない苦しみを経験しました。

思い返すと初めて胃カメラを飲んだ時と似たような感覚。
しかし歳を重ねた今、またこれほどの苦しみを体験することになるとは。

検査の結果はポリープ1つ発見。
胃カメラ等を含めて合計5つのポリープ持ちということがわかった。

ともかく最悪の結果は回避され、これから当分経過を観察することとなるらしい。

血液検査で判明したあの異常な数値は結局何だったのだろうか。
気持ちはすっきりしないがとりあえずまた普通の暮らしに戻れることをうれしく思う。
f0140130_1994249.jpg

[PR]
by 44nara | 2009-10-20 19:09

テンション下がる

先日胃カメラを飲んだ。

沖縄から帰った2日目(火曜日)のことだ。

実は挙式の前に胃を壊してしまい、かかりつけの医者に診てもらっていた。
その時は薬を処方してもらっただけだったが、「念のために帰ってきたら胃カメラと血液検査をしましょう」ということになっていた。

昨日(木曜)はその医院にホームページの仕事の件で行くことになっていたのだが電話で早く来るようにとの連絡。
何でもCTとレントゲンの検査をしたいという。

その時理由は聞かなかった。
しかし、何も無く検査などするはずも無いのはわかっていた。

検査後、説明を受けたがはっきりとはわからない状態。
来週から、MRI、造影剤CT、大腸カメラと立て続けに検査をすることを勧められ、予約を入れた。
これが精密検査か。

考えると悪いことしか頭に浮かばない。

今から仕事に集中しないと。
[PR]
by 44nara | 2009-10-09 08:57

富士丸

今日、blogで有名な犬富士丸が死んだことを知った。

まだ7歳だったなんて。

富士丸達とは縁もゆかりも無いけど、なんか無性に哀しい。

謹んでご冥福をお祈りします。
[PR]
by 44nara | 2009-10-08 11:45

幸せと不幸せ

えー、このたびワタクシ、結婚いたしました。

9月30日に沖縄にて挙式を行いまして、そのまま新婚旅行を兼ねて石垣島へと渡り、
昨日帰途に着いたわけでございます。

台風による天候の不安もあったのですがなんとか晴天に恵まれて、遠くから足を運んでくれた
家族にはせめてもの恩返しができたのではと思っております。

さて、そんな幸せの絶頂であるはずのこの旅行中、あってはならない事件が起こってしまいました。

それは『カメラ紛失事件』です。

式の翌日、前日に沖縄本島から石垣島へ入っていた私たちは離島の竹富島へ船で渡りました。
その日一通りの観光と撮影が終わってカイジ浜から港まで帰るバス中である事に気付いたのです。

『カメラが無い!』

バス停のイスに座っている時は間違いなくあったのです。
しかし肩にかけていたのはカメラでは無く嫁さんのカバン。
自分では持っているものと思い込んでいたようです。
となるとバス停に忘れてきたのか?!

運転手にその旨を話しましたが、予定を変える事はできずとりあえず港まで行くことに。
着くとすぐに港からカイジ浜行きのバスに乗り、バス停に戻って探しました。

しかし、もはやカメラの姿はありません。
周りの人にも聞きましたがやはりそのようなものは見なかった、知らないとのこと。

その間約15~20分の出来事でした。

仕方が無いので竹富島の港でその旨を届けた後、石垣島に戻ってからさらに港の警備係と
警察署に遺失物の届けをしておきました。

ショックでした。

カメラはまた買えば同じようなものは購入できます。
しかしそこまで撮影した想い出の写真たちはもうもう戻ってこないのかと思うと少しこみ上げる
ものがありました。

しかし、そこは自分の不注意から起こった出来事。
身から出た錆です。

この事を教訓として気をつけるようにしようと思います。


しかし2日後関西に戻った私は電車でカバンを忘れてしまったのでした。。。

いきなり教訓生かせず!!
[PR]
by 44nara | 2009-10-05 10:51

朝から凄い雨の音。
目が覚めるとすぐに窓の外を見る。
今日はどうやら外出しないほうが良いようだ。
とりあえず仕事することにしよう。

最近、僕のパソコンには『題名の無いメール』がよく届く。

送り主は自分だ。

今思いついたこと、忘れたくない事、ちょっと興味を持ったので調べてみたい事など
これらを携帯からメールで送っておくのだ。

そうすると後でゆっくりと自分で整理することができる。
いろんな事に興味を持ってしまう僕はそのかわりに次々と物事を忘れていく。
情けないがその予防策でもあるのだ。

f0140130_1083716.jpg

[PR]
by 44nara | 2009-03-14 10:07

昨日はクライアントのマッサージスクールさんとの打ち合わせのため
夕方から梅田へ向かった。

仕事の話はあっさりと終わり、話は僕の花粉症へと変わった。
何でもその先生が花粉症に効く針治療をして殆どの人が治っているというのだ。

「やりますか?」

「やります!」

すぐに僕の眉間に針が刺された。
正直怖かったが治るのなら仕方が無い。

眉間に針をさされたままの状態で10分ほど世間話。
ポストに投げ込まれていた霊能力者の怪しげなチラシの話で盛り上がって
いたのだがスクールに通う生徒さんはその姿を見て引いていたかもしれない。

しばらく経って針を抜く。
効果はどうかと聞かれたが、さして変化は無いようだ。

それから首にも針を打ったり、再度眉間に針を打ったりしてくたのだがそれでもピンと来ない。
これで効かないって言うのは先生に悪いと思い、少し鼻づまりがマシなったと思いますと
伝えたのだけど気休めにもならなかったようだ。

結局その先生の治療では数少ない『効果の出ない人もいる』という例になってしまった。

期待していたので残念だ。
怖いのもガマンしたのにな。

さて、写真は先日買ってもらったコートを撮ってみた。
普通に部屋で撮ったから写真はイマイチだけど、ちょっと嬉しかったので。
f0140130_10453320.jpg

[PR]
by 44nara | 2009-03-12 10:44

忘年会

昨夜は友人が所属している草野球チームの忘年会に出席してきた。

実は僕はこのチームに所属はしていない。
そんな中で時折人数あわせのために友人を通じて呼ばれる事が数回ことと
今年作ったチームのホームページに掲載する写真を撮影した事が
今回呼んでもらった理由らしい。

チームの選手は殆ど話をした事が無い人たちで、顔は見たことがあっても
ユニフォーム姿しか見ないから誰が誰だかさっぱりわからない。

まぁ、参加した人たちの殆どの人が同じ感想を持っていただろうし特に僕に
対しては「あの人は誰?」状態だったに違いない。

それでも、その中に数名気さくに話をしてくれる人がいて、僕も何度か練習や
撮影をしたときに話をしたメンバーがいたので、その人たちを中心に楽しく
過ごす事が出来た。
f0140130_11502040.jpg
宴の最後に出し物というかジャンケン大会で商品を争奪するゲームをやった。
14人が2人一組となって対戦し、勝ち上がっていった2人が最後に決勝を争う。

実はこの忘年会に参加する前に友人と僕でその優勝商品を買いに行っていた。
優勝商品を知っている僕はあんまりテンションが上がっていなかったのだが
あれよあれよという間に・・・というかこれが結構マジになってしまってナント優勝
してしまったのだ。

そんな訳で優勝で得た商品は『年末ジャンボ宝くじ』だった。
最近宝くじ付いている僕にとってはまたか・・・という感じだけど、これが当たったら
チームに寄付と新しいカメラを買って皆さんを撮影します!と発表しておいた。
ま、新しいカメラはともかくとして来年はもっといい写真が撮れるようになりたいと思っている。
f0140130_1150539.jpg

(写真は忘年会のものではありません・・・)
[PR]
by 44nara | 2008-12-14 11:29

肩痛のその後

先日、肩の専門医に診て貰った肩痛が最近またもやひどくなってきて
朝起きると激痛が走って起き上がれない事がある。

ネットで調べてみると『寒さ』に原因があるらしく、肩が冷えると痛みが増すらしい。
これは四十肩、五十肩もそうらしく肩を温める事で痛みが緩和されるという。

そこで今日は肩にタオルを掛けて仕事をすることにした。
少し時間が経つがなんだか痛みが軽くなってきたような気もする。

って言うか、これってもしかして四十肩なのか?!

僕はこれまでたくさんのお金を払って医者や治療院で診て貰っているが誰も四十肩とは言わなかった。
ましてや医者からは肩腱板炎というそれらしい病名をいただいていた。
だから僕的には『四十肩』ではなく『肩腱板炎』であるということで『老化』というレッテルから
かろうじて逃れていたはずだった。

でももう良いのではないかと思う。
僕は四十肩です。
医者が四十肩にしては長いとか余計な理屈を言おうと、もう四十肩で良い。

今日から四十肩の治療について調べてみる事にしよう。
f0140130_922475.jpg
f0140130_9225842.jpg
写真はいつもお世話になっている医院周辺で撮影。
[PR]
by 44nara | 2008-12-08 09:23